Chizuella bonneti

コバネヒメギス

【分布】

 北海道・本州・四国・九州・伊豆諸島

【出現時期】

 6月上旬~9月下旬

【出会いやすさ】​​

コバネヒメギス

河川敷など比較的乾燥した草地で見られる中型のキリギリスの仲間。6月頃から成虫が発生し、草の根際で囁くように小さな音で鳴く。名前の通り成虫になっても翅は短く幼虫と間違われることもある。ごく稀に長翅型が発生する。他のヒメギス類と混生する場合があり、幼虫は外見がほとんど変わらず大変紛らわしいが、腹部の腹側が黄色く色づいているので、そこで区別できる。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

コバネヒメギス中齢幼虫

外見上はほとんどヒメギスの幼虫と変わらない。混生している可能性があるので、腹の下側を見て判断すると良い。

コバネヒメギス♂

翅が小さいのでヒメギスの幼虫と思われがちだが、翅芽と違って背を覆い隠すように前翅があるため成虫と分かる。

© 2019-2021 直翅類.jp