草丈の高いイネ科植物が優占する草原や林縁の深い藪の中に生息する。日本に生息するコオロギの中でも最小で、成虫でも1cm程度しかない。珍しい種類ではないが、その生息環境と小ささから、姿を見る機会は​ほとんどない。巣穴を掘って生活するので採集も難しい。

ヒメコオロギ

Comidoblemmus nipponensis
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  8月中旬~10月下旬
美声
 【成虫の姿】​

草丈の高いイネ科植物が優占する草原や林縁の深い藪の中に生息する。

日本に生息するコオロギの中でも最小で、成虫でも1cm程度しかない。

珍しい種類ではないが、その生息環境と小ささから、姿を見る機会は

​ほとんどない。巣穴を掘って生活するので採集も難しい。