明るい自然度の高い草地に生息するマツムシ科の仲間。開発などにより生息地が失われ、今ではめっきり減ってしまった。群生する傾向があり、いる場所にはまとまって生息している。鳴かない種類だが、何らかの交信手段をもっていると考えられている。

カヤコオロギ

Euscrytus japonicus
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  8月上旬~10月下旬
 【成虫の姿】​

明るい自然度の高い草地に生息するマツムシ科の仲間。

開発などにより生息地が失われ、今ではめっきり減ってしまった。

群生する傾向があり、いる場所にはまとまって生息している。

鳴かない種類だが、何らかの交信手段をもっていると考えられている。