Leptoteratura sp.

ヒメツユムシ

【分布】

 本州・四国・九州

【出現時期】

 8月中旬~11月上旬

【出会いやすさ】​​

ヒメツユムシ

山地に生息する小型のササキリモドキ。名前にツユムシと付くが、分類上はササキリモドキ科に属する。小さいので目に付きづらいが、灯火によく飛来するのでササキリモドキ科の中では見かける機会は​多い。南西諸島にはよく似た近縁種が生息しており、​島ごとに種類が違う。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ヒメツユムシ♀

灯火に飛来した成虫メス。条件が良いとかなりの数が見られることもある。

© 2019-2021 直翅類.jp