Patanga succincta

タイワンツチイナゴ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】
 南西諸島

【出現時期】
 1年中

【出会いやすさ】​​

タイワンツチイナゴ

トカラ列島以南の南西諸島に分布するツチイナゴの一種。大型で、日本のバッタとしては最大級の大きさを誇る。ススキなどのイネ科草原に生息し、サトウキビを食害する。年間を通して成虫が見られ、時折大量発生して農業被害をもたらし問題に発展することも。ツチイナゴと混生することがあるが、より大型で光沢が強く、複眼の筋模様が鮮明なことで区別できる。また、後翅の赤みが強い。

【成虫の姿】​​

タイワンツチイナゴ

オス

タイワンツチイナゴ

メス

【生態写真】​​

タイワンツチイナゴ

タイワンツチイナゴ終齢幼虫

ツチイナゴの幼虫と外見が似ているが、複眼の筋模様がくっきりしていることで見分けられる。

タイワンツチイナゴ

タイワンツチイナゴの幼虫

​個体数が多い地域では、ススキやサトウキビの葉に複数匹が止まる様子が見られる。