芝生のような短草地に生息するヒバリモドキ科の仲間。小さいのであまり目立たないが、公園や河川敷などでごく普通に見られる。年に2回発生し、1化目は6月下旬頃から鳴き始める。

 

徳之島の北端より南のエリアには、マダラスズのように区切って鳴き、産卵管の長さが異なる個体群が分布していて、ネッタイシバスズという別種として扱われていた。しかし近年の研究で、オスの交尾器に差異が認められないこと、産卵管の長さは個体差とみられることから、シバスズと​ネッタイシバスズは同種とされた(Storozhenko, 2015)。その結果、シバスズの学名であったPolionemobius mikadoはシノニムとなり、​ネッタイシバスズの学名であるPolionemobius taprobanensisに統合された。

芝生のような短草地に生息するヒバリモドキ科の仲間。

小さいのであまり目立たないが、公園や河川敷などでごく普通に見られる。

年に2回発生し、1化目は6月下旬頃から鳴き始める。

 

徳之島の北端より南のエリアには、マダラスズのように区切って鳴き、

産卵管の長さが異なる個体群が分布していて、ネッタイシバスズという

別種として扱われていた。しかし近年の研究で、オスの交尾器に差異が

認められないこと、産卵管の長さは個体差とみられることから、シバスズと

​ネッタイシバスズは同種とされた(Storozhenko, 2015)。その結果、

シバスズの学名であったPolionemobius mikadoはシノニムとなり、

​ネッタイシバスズの学名であるPolionemobius taprobanensisに統合された。

シバスズ

Polionemobius taprobanensis

シバスズ♀(西表島産)

外見はシバスズそのものだが、マダラスズのように区切って鳴く。

 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  本土  :6月下旬~10月下旬
  南西諸島:1年中
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​