Trilophidia japonica

イボバッタ

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島

【出現時期】

 6月中旬~12月下旬

【出会いやすさ】​​

イボバッタ

乾いた荒れ地に生息するバッタ。土と同じ色をしているので同化してあまり目立たないが、身近な環境に普通にいるので出会う機会は多い。名前の通り、背中にイボ状の突起があるのが他のバッタにはない特徴。幼虫時には体に細かい毛がビッシリと​生えている。後翅はやや黄色い。先島諸島には近縁種のタイワンイボバッタが生息している。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

イボバッタ若齢幼虫

砂地に同化するような色をしている。全身に細かい毛がびっしりと生えている。