Velarifictorus ornatus

コガタコオロギ

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島・南西諸島

【出現時期】

 本土  :5月~7月

 南西諸島:1年中

【出会いやすさ】​​

コガタコオロギ

草丈の短い乾燥気味の草地に見られるコオロギ。ツヅレサセコオロギと似ているが、コガタコオロギの方が一回り小さい。複眼の間の黄帯は小さいことが多いが、個体差にもよるので、これだけを一概に識別点とすべきではない。「ビーッ!」と短く単発的に鳴き、間隔を空けて繰り返す。幼虫で越冬し、初夏に成虫が見られる。本土の暖かい地域では秋にも発生し、南西諸島では1年中いる。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

コガタコオロギ♂

ツヅレサセコオロギを小さくしたような見た目をしている。鳴き声で判別するのが一番確実な方法。