山地の樹上に生息する長翅のササキリモドキ。ヒメツユムシと共に灯火によく飛来するので、ササキリモドキ科の中では見る機会が多い。関東以西に分布する。眼の赤い色が美しいが、これは「夜の眼」。カマキリの眼が夜になると真っ黒になるのと同じで、少ない光の中で活動する​ために赤くなると考えられる。この特徴はササキリモドキの仲間でしか見られない。

山地の樹上に生息する長翅のササキリモドキ。

ヒメツユムシと共に灯火によく飛来するので、ササキリモドキ科の中では見る

機会が多い。関東以西に分布する。眼の赤い色が美しいが、これは「夜の眼」。

カマキリの眼が夜になると真っ黒になるのと同じで、少ない光の中で活動する

​ために赤くなると考えられる。この特徴はササキリモドキの仲間でしか見られない。

​セスジササキリモドキ

Xiphidiopsis subpunctata
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  8月中旬~10月上旬
 【成虫の姿】​