Heteropternis rufipes

アカアシバッタ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】
 南西諸島

【出現時期】
 9月~6月

【出会いやすさ】​​

アカアシバッタ

奄美大島以南の南西諸島に生息する中型のバッタ。裸地や明るい短草原で見られる。全身が褐色で、後脚の腿節内側と脛節が赤いのが特徴。外見はクルマバッタモドキに似ているが、南西諸島には分布していないので判断に迷うことはない。直翅目としては珍しく「冬に発生するバッタ」で、秋ごろから成虫が羽化し、翌年の夏前まで見られる。本土のツチイナゴのようなサイクルだが、こちらは越冬するわけではない。

【成虫の姿】​​

アカアシバッタ

オス

アカアシバッタ

メス

【生態写真】​​

アカアシバッタ

アカアシバッタ亜終齢幼虫

前胸後縁は模様が消失する。写真の個体は明るい褐色だが、赤や緑の個体も見られる。

アカアシバッタ

アカアシバッタ終齢幼虫

胸部にクルマバッタモドキのようなX字模様が見られる。背面の盛り上がりは弱い。

アカアシバッタ

アカアシバッタ♂

​クルマバッタモドキに似るが、一回り小さい。後翅に模様はなく、あまり遠くへは飛ばない。

アカアシバッタ

アカアシバッタ♀

後脚が赤いバッタは他にもいるが、アカアシバッタは脛節全体が赤い。