オオハヤシウマ

Diestrammena nicolai

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】
 石垣島、西表島

【出現時期】
 8月~11月

【出会いやすさ】​​

オオハヤシウマ

石垣島、西表島に生息する国内最大級のカマドウマ。原生林の林床に、晩夏から秋にかけて成虫が見られる。数は少なくなく、低地から山地まで広く分布する。全身が褐色で薄っすらと模様がある。幼虫ではこの模様がはっきりしている。

【成虫の姿】​​

オオハヤシウマ♀

オス

メス

【生態写真】​​

オオハヤシウマ

コノシタウマ若齢幼虫

小さいながらに成虫と同じような光沢がある。モリズミウマとの違いは後脛節の棘の配列。

オオハヤシウマ

コノシタウマ♀

胸部の光沢が強い。夏の夜に林床や樹幹で見られる。