日当たりの良い草地に生息するが、やや局所的に分布する。南方系のバッタで、沖縄ではよく見られるが、東北からは記録がほとんどない。翅が長く飛行速度が速いが、あまり遠くへは飛ばない。​体色は緑色型と褐色型がいるが、中には部分的にピンク色になる個体もいる。脛節の三色カラーが名前の由来。

マダラバッタ

Aiolopus thalassinus

日当たりの良い草地に生息するが、やや局所的に分布する。

南方系のバッタで、沖縄ではよく見られるが、東北からは記録がほとんどない。

翅が長く飛行速度が速いが、あまり遠くへは飛ばない。

​体色は緑色型と褐色型がいるが、中には部分的にピンク色になる個体もいる。

脛節の三色カラーが名前の由来。

 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  7月上旬~11月下旬
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

マダラバッタ若齢幼虫

ヒナバッタとよく似ているが、頭部の中心を走る白い帯があることで判別できる。

マダラバッタ終齢幼虫

赤色変異が入る個体。ヒナバッタなどとは違い部分的に赤くなることが多い。