Cardiodactylus guttulus

キマダラマツムシ

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】
 南西諸島

【出現時期】
 6月下旬~翌1月下旬

【出会いやすさ】​​

キマダラマツムシ

南西諸島の森林に生息するマツムシの仲間。別名マダラコオロギ。南国感があり、日本に生息するコオロギ類の中でも独特の雰囲気がある。個体数はかなり多く、1本の木の幹に数十匹ついていることも少なくない。爬虫類や鳥類の重要な餌資源になっていると思われ、またキマダラマツムシ自身が大食漢でさまざまな植物を食べることから、豊かな自然を支える役割を担っていると考えられる。体つきはしっかりしていて丈夫かつ長生きだが、乾燥にはやや弱いようだ。鳴き声が特徴的で、散髪のときのハサミの音によく例えられる。昼も夜もなく鳴いているが、夜の方が活発に活動し、至る所からシャキシャキ聞こえる。発生時期は奄美群島と先島諸島で2か月程度のずれがあり、先島諸島では6月下旬頃から成虫が見られるが、奄美群島では8月下旬頃から発生する。

キマダラマツムシ
キマダラマツムシ

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

キマダラマツムシ

キマダラマツムシ初齢幼虫

早いところでは3月下旬から4月に孵化が始まる。初齢幼虫は樹幹ではなく地表の落ち葉の下に隠れているようだ。

キマダラマツムシ

キマダラマツムシ中齢幼虫

森林の至るところで見られるが、幼虫の時期はあまり目立たないのか、そこまで個体数の多さを感じない。

キマダラマツムシ

キマダラマツムシの羽化

地表性コオロギのようなスタイルで脱皮をする。羽化を終え、自分が脱いだ殻を食べている。

キマダラマツムシ

キマダラマツムシの産卵

木の幹や朽木に産卵管を突き刺して卵を産む。夜に森の中を歩くとこうした光景に出会う。