河川敷のような開けた草地で、ススキなどの丈の高いイネ科植物で見られる。メスの産卵管が非常に長いのが特徴で、体とほぼ同じ長さがある。ここまで長くする必要があるのかは不明。オスは逆に目立った特徴がないので、​オス単独で見た場合は消去法で判別するのが早い。

河川敷のような開けた草地で、ススキなどの丈の高いイネ科植物で見られる。

メスの産卵管が非常に長いのが特徴で、体とほぼ同じ長さがある。ここまで

長くする必要があるのかは不明。オスは逆に目立った特徴がないので、

​オス単独で見た場合は消去法で判別するのが早い。

オナガササキリ

Conocephalus exemptus
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  7月下旬~10月下旬​
 【成虫の姿】​
オナガササキリ