コノシタウマ

Diestrammena elegantissima

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 北海道・本州・四国・九州

【出現時期】

 6月~10月

【出会いやすさ】​​

コノシタウマ

冷涼な落葉広葉樹林帯に生息するカマドウマの一種。光沢が強いのが特徴。夜に林床を歩き回っているところを普通に見かける。モリズミウマと外見が酷似するが、後脚の脛節にある棘が規則正しく並ぶことから区別できる。​北海道から九州まで広く分布する。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

コノシタウマ

コノシタウマ若齢幼虫

小さいながらに成虫と同じような光沢がある。モリズミウマとの違いは後脛節の棘の配列。