林床に生息するカマドウマの一種で、北海道を除く本土に広く分布している。近畿地方では比較的多く見られる。モリズミウマやコノシタウマとよく似ているが、光沢がないので区別できる。斑紋は個体差が大きいため、別種のように見えることもある。西日本の一部地域には、近縁種のヒメハヤシウマも生息しており、こちらはわずかながら光沢がみられる。

ハヤシウマ

Diestrammena itodo
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  6月~10月
 【成虫の姿】​

林床に生息するカマドウマの一種で、北海道を除く本土に広く分布している。

近畿地方では比較的多く見られる。モリズミウマやコノシタウマとよく似て

いるが、光沢がないので区別できる。斑紋は個体差が大きいため、別種の

ように見えることもある。西日本の一部地域には、近縁種のヒメハヤシウマ

も生息しており、こちらはわずかながら光沢がみられる。