石垣島と西表島に生息するマツムシ科の仲間。国内に生息するコオロギ類の中では最大の大きさ。夜行性で、昼間は樹洞の中に潜んでおり、夜になると出てきて幹を歩き回る。体は大きいが鳴き声は控えめな音量で寂しげな音色をしている。年間を通して成虫が見られるが、数はあまり多くない。与那国島には近縁種のヨナグニクチキコオロギがいる。

ヤエヤマクチキコオロギ

Duolandrevus yaeyamensis
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  1年中
 【成虫の姿】​

石垣島と西表島に生息するマツムシ科の仲間。国内に生息するコオロギ類

の中では最大の大きさ。夜行性で、昼間は樹洞の中に潜んでおり、夜になると

出てきて幹を歩き回る。体は大きいが鳴き声は控えめな音量で寂しげな音色を

している。年間を通して成虫が見られるが、数はあまり多くない。

与那国島には近縁種のヨナグニクチキコオロギがいる。

 【生態写真】​

ヤエヤマクチキコオロギ若齢幼虫

​大型の種類は孵化した時から大きい傾向にあるが、クチキコオロギには当てはまらず、どちらかと言えば小さい。

ヤエヤマクチキコオロギ中齢幼虫

​まだ幼虫であるが、既に大型のコオロギ並みの風格がある。跳躍力が高いので、驚かすとすぐに視界からいなくなる。

ヤエヤマクチキコオロギ♂

​木が朽ちて空いた穴の中にいることが多いが、夜間には出てきて歩き回っているのを見かける。