Elimaea yaeyamensis

ヤエヤマオオツユムシ

キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png

【分布】
 石垣島・西表島

【出現時期】
 4月中旬~6月下旬

【出会いやすさ】​​

ヤエヤマオオツユムシ

石垣島と西表島に生息するツユムシの一種。平地から山地にかけて、原生林内や林縁の樹上で見られる。細身のツユムシとしては国内最大で、青みを帯びた緑色の体色と、白い斑点のある黒い触角が特徴。冬のまだ寒い時期に孵化し、春から初夏にかけて成虫が発生する。幼虫は低木上でもよく見られるが、成虫になると活動の拠点をより高い樹上に移す。オスは「ジッチョ、ジッチョ...」と大きな音で鳴いては、木から木へと頻繁に飛び移る習性があるため、地表付近にも時折姿を現す。一方、メスは同じ場所に留まりオスを待つ習性なのか、なかなか見つからない。日没から2時間ほどの間が最も活動的で、その後は徐々に鳴き声が減っていき、3時間を過ぎる頃にはすっかり鳴りを潜めてしまう。日中もときどき鳴くことがあり、威嚇としても音を利用するようだ。

【成虫の姿】​​

ヤエヤマオオツユムシ
ヤエヤマオオツユムシ

オス

メス

【生態写真】​​

ヤエヤマオオツユムシ

ヤエヤマオオツユムシ若齢幼虫

人の気配を感じると、脚を伸ばして擬態するような姿勢を見せる。

ヤエヤマオオツユムシ

ヤエヤマオオツユムシ中齢幼虫

​セスジツユムシと似ているが、青みがかった体色と触角の白い斑点から見分けられる。

ヤエヤマオオツユムシ

ヤエヤマオオツユムシ亜終齢幼虫

ツユムシの中でも脚が長く細い。そのため跳躍力はほとんどない。

ヤエヤマオオツユムシ

ヤエヤマオオツユムシ終齢幼虫

複眼は美しい水色をしている。夜にはカマキリと同じように黒くなり、暗い環境でも見えるようになる。

ヤエヤマオオツユムシ

ヤエヤマオオツユムシの羽化

脱皮や羽化は天敵の少ない夜に行われる。体液を巡らせて翅を伸ばしている。

ヤエヤマオオツユムシ

ヤエヤマオオツユムシ♂

​低木に飛来したオス。発生のピーク時には一晩に数匹見ることも可能。

ヤエヤマオオツユムシ

ヤエヤマオオツユムシ♀

アダンの葉に止まるメス。木の高い位置にいることが多いのか、見ることは稀。