コロギス

Eugryllacris japonica

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島

【出現時期】

 6月~8月

【出会いやすさ】​​

コロギス

広葉樹林の樹上に棲む。体は緑色で、成虫には褐色の翅があるのが特徴。怒るとこの翅を広げて威嚇してくる。肉食性で他の昆虫を捕らえて食べるが、樹液を舐めたりもするので、糖蜜に引き寄せられることもある。夜行性なので、夜に森に行かなければ見ることはないかもしれないが、山に隣接する集落であれば灯火にも訪れる。昼間は、口から出した糸で木の葉をつなぎ合わせて作った巣の中で過ごしている。コロギスの仲間は鳴かないが、まるで地団駄を踏むかのように後脚を足元に叩きつけて音を出す。これをタッピングと呼ぶ。​幼虫の状態で冬を越し、夏に成虫が出現する。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

コロギス

コロギス♀

​灯火に現れたメスの成虫。飛べはしないので、林に隣接したところを探すと良い。