Euscyrtus japonicus

カヤコオロギ

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 本州・四国・九州

【出現時期】

 8月上旬~10月下旬

【出会いやすさ】​​

カヤコオロギ

明るい自然度の高い草地に生息するマツムシ科の仲間。イネ科植物に依存し、チガヤ草原でよく見られる。産地によっては林床のササ原にもいる。開発などにより生息地が失われ、今ではめっきり減ってしまった。群生する傾向があり、生息地では多くの個体がまとまって見つかることがある。鳴かない種類だが、何らかの交信手段をもっていると考えられている。

カヤコオロギ
カヤコオロギ

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

カヤコオロギ

カヤコオロギ中齢幼虫

局所的ではあるが、イネ科植物が優占する草地に群生する。

カヤコオロギ

カヤコオロギ♂

成虫オス。翅は短く腹の半分もないが、稀に長翅型が出現する。

カヤコオロギ

カヤコオロギ♂

成虫メス。頭から腹の先までの長さと同じくらいの産卵管がある。