本州に広く生息するキリギリスの一種。日当たりの良い草原に生息し、日中の暑い日に草の中腹あたりで鳴いている。見かけによらず警戒心が非常に強いので、人の気配を感じるとすぐに草の根際に落ちて、藪の深い方へと逃げて行ってしまう。そのため、鳴き声はすれども​姿を見せてくれることはない。個体群によって形態が異なり、青森県から岡山県まで分布するヒガシキリギリス、近畿から九州にかけて分布するニシキリギリスの2種に分ける考えがあるが、分子系統解析がなされておらず、結論は出ていない。またさらに種を細分化する見方もあり、今後の研究が待たれる。北海道にはハネナガキリギリス、沖縄県にはオキナワキリギリスが分布する。

本州に広く生息するキリギリスの一種。
日当たりの良い草原に生息し、日中の暑い日に草の中腹あたりで鳴いている。

見かけによらず警戒心が非常に強いので、人の気配を感じるとすぐに草の根際に

落ちて、藪の深い方へと逃げて行ってしまう。そのため、鳴き声はすれども

​姿を見せてくれることは少ない。
個体群によって形態が異なり、青森県から岡山県まで分布するヒガシキリギリス、
近畿から九州にかけて分布するニシキリギリスの2種に分ける考えがあるが、
分子系統解析がなされておらず、結論は出ていない。またさらに種を細分化する
見方もあり、今後の研究が待たれる。
​北海道にはハネナガキリギリス、沖縄県にはオキナワキリギリスが分布する。

キリギリス

Gampsocleis buergeri
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  7月上旬~10月上旬
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​
ヒガシキリギリス

キリギリス若齢幼虫

​若いキリギリスの幼虫はすべて緑色をしている。この頃はまだ肉食傾向は弱い。

キリギリス中齢幼虫

​前脚と中脚の棘が発達してきている。この頃には他の昆虫を捕らえて食べるようになる。

キリギリス終齢幼虫

​6月に入るといよいよ終齢幼虫が出て来る。キリギリスは成長するにしたがって警戒心が強くなり、その頃には植物も鬱蒼としてくるので、姿を見るのが難しくなる。

キリギリス♀(緑色型)

​6月下旬頃から成虫のシーズンに入る。良く晴れた暑い日に活発になる。

キリギリス♀(褐色型)

​東日本でよく見られるタイプ。緑色型よりも褐色型の方が多い。