南西諸島の水辺に生息するバッタの仲間。ミズイモやスイレンなどの葉の上でよく見られるが、稀に乾いた草地でも発見されている。発生地ではそれなりの個体数を見るが、分布は局所的である。オキナワイナゴモドキは、土中ではなく葉柄に産卵するという、バッタとしてはかなり変わった生態をもつ。そのため、一生を水上の草の上で過ごすことになる。幼虫も他のバッタにはない変わった色彩をしており、オレンジ色と水色の斑模様である。特に若い幼虫は全身が褐色で光沢があり、どうも虫や鳥の糞に擬態しているものと思われる。警戒心が高く、こちらの気配を察知するとすぐに飛んで逃げてしまう。

​オキナワイナゴモドキ

Gesonula punctifrons

南西諸島の水辺に生息するバッタの仲間。ミズイモやスイレンなどの葉の上で

よく見られるが、稀に乾いた草地でも発見されている。発生地ではそれなりの

個体数を見るが、分布は局所的である。オキナワイナゴモドキは、土中ではなく

葉柄に産卵するという、バッタとしてはかなり変わった生態をもつ。そのため、

一生を水上の草の上で過ごすことになる。幼虫も他のバッタにはない変わった

色彩をしており、オレンジ色と水色の斑模様である。特に若い幼虫は全身が

褐色で光沢があり、どうも虫や鳥の糞に擬態しているものと思われる。

警戒心が高く、こちらの気配を察知するとすぐに飛んで逃げてしまう。

 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  1年中
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

オキナワイナゴモドキ若齢~中齢幼虫

​様々なステージの幼虫が同所的に見られる。離れて見るとまるで鳥の糞のよう。水上の葉の上は隠れる場所がないので、擬態する方向に進化したのかもしれない。