日当たりの良い草地に生息する小型のバッタで、分布域も広く高頻度で出会える。4月下旬には成虫が見られ、世代を繰り返しながら翌1月まで生きることも珍しくない。オスは後脚を前翅に擦り付けて鳴く。バッタ類には遺伝的に赤い色素しか作れない個体がいるが、ヒナバッタは中でも特に見つかりやすい。毎年どこかの地方新聞が「赤いバッタ」がいたと取り上げているが、大抵ヒナバッタである。

ヒナバッタ

Glyptobothrus maritimus

日当たりの良い草地に生息する小型のバッタで、分布域も広く高頻度で

出会える。4月下旬には成虫が見られ、世代を繰り返しながら翌1月まで

生きることも珍しくない。オスは後脚を前翅に擦り付けて鳴く。

バッタ類には遺伝的に赤い色素しか作れない個体がいるが、ヒナバッタは

中でも特に見つかりやすい。毎年どこかの地方新聞が「赤いバッタ」がいたと

取り上げているが、大抵ヒナバッタである。

 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  4月下旬~1月上旬
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

ヒナバッタ初齢幼虫

​3月の上旬には姿を現す。春に孵化するものとしては最も早い。

 【近縁種】​

ヒロバネヒナバッタ♂

​山地の草原で見られるヒナバッタの仲間。オスは前翅の前縁部分が広がる。

タカネヒナバッタ♂

​ブナ帯近くの草地で見つかるヒナバッタの仲間。山地に分布するが、高山性というわけではなく、低山地でも見られる。