短草地に生息する大型のコオロギで、沖縄県に分布する。翅の付け根に1対の黄色い斑紋があり、和名はここから付けられている。丈夫で飼いやすいことから、実験動物や爬虫類の餌として広く流通しているため、割となじみ深い種類と言える。野生のフタホシコオロギは、飼育されているものよりも黒々としていて、別種のようにも見える。巣穴を掘って暮らしているので、鳴き声はするのに姿は見えず、採集は少し難しい。

本土でも時々フタホシコオロギが見つかることがあるが、脱走または遺棄された個体と考えて間違いない​​。まだ定着したという情報はないが、生態系に悪影響を及ぼす可能性があるので、くれぐれも逃がさないよう気を付けて欲しい。

フタホシコオロギ

Gryllus bimaculatus

短草地に生息する大型のコオロギで、沖縄県に分布する。

翅の付け根に1対の黄色い斑紋があり、和名はここから付けられている。

丈夫で飼いやすいことから、実験動物や爬虫類の餌として広く流通しているため、

割となじみ深い種類と言える。野生のフタホシコオロギは、飼育されているもの

よりも黒々としていて、別種のようにも見える。巣穴を掘って暮らしているので、

鳴き声はするのに姿は見えず、採集は少し難しい。

本土でも時々フタホシコオロギが見つかることがあるが、脱走または遺棄された

個体と考えて間違いない​​。まだ定着したという情報はないが、生態系に悪影響を

及ぼす可能性があるので、くれぐれも逃がさないよう気を付けて欲しい。

 

 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  1年中
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

フタホシコオロギ亜終齢幼虫

夜間になると、巣穴から出てきて歩き回る個体が見られる。