Hieroglyphus annulicornis

ヒゲマダライナゴ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】

 先島諸島

【出現時期】

 6月下旬~8月上旬

【出会いやすさ】​​

ヒゲマダライナゴ

先島諸島(宮古列島・八重山列島)に生息する大型のイナゴ。トノサマバッタと同等かそれ以上になり、体高があるため余計に大きく感じる。前胸には独特な黒い溝があり、属名にもある通り、まるで古代エジプト文字のヒエログリフのようである。触角は白と黒の斑模様で、これが和名の由来となっている。ススキ草原やサトウキビ畑など、丈の高いイネ科植物でよく見られる。人の気配に非常に敏感で、すぐに葉や茎の​後ろに隠れたり、草叢の奥へと跳んで行ってしまう。数は多いが、遠目からでないとゆっくりとは観察させてもらえない。夜には動きが​鈍くなるので、昼間に場所だけ確認して、日が暮れてから探すと良いだろう。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ヒゲマダライナゴ

ヒゲマダライナゴ♀

夜間は葉の上で寝ているので観察しやすいが、サキシマハブの活動時間なので注意したい。