Homoeoxipha obliterata

ヤマトヒバリ

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島・南西諸島

【出現時期】

 8月上旬~10月下旬

【出会いやすさ】​​

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
ヤマトヒバリ

薄暗く湿気のある森の中や林縁の下草に生息する。一見すると地味に見えるが、赤い胸や薄っすら模様の入った前翅が美しい。鳴き声はやや陰気な感じの濁った音ではあるが、一定のコアなファンがおり、ヤマトヒバリを一番好きな鳴く虫に挙げるほど。​暖かい地域では年に2回発生する。南西諸島では奄美群島・沖縄諸島に分布し、八重山諸島にはよく似たネッタイヒバリが生息する。

【成虫の姿】​​

ヤマトヒバリ

オス

ヤマトヒバリ

メス

【生態写真】​​