山地の草原に生息するバッタの仲間。分布は局所的なので、山間部であればどこでも見られるわけではない。かつては東京の平野部でも見られたようだが、開発によって産地が消失した。イナゴのような外見をしているが、前脚の付け根の間に突起は無く、バッタに近い。色彩は黄褐色・褐色・淡緑色がある。

 【出現時期】
​  6月中旬~11月上旬
 【成虫の姿】​

イナゴモドキ

Mecostethus parapleurus
 【出会いやすさ】

山地の草原に生息するバッタの仲間。
分布は局所的なので、山間部であればどこでも見られるわけではない。

​​かつては東京の平野部でも見られたようだが、開発によって産地が消失した。

イナゴのような外見をしているが、前脚の付け根の間に突起は無く、

バッタに近い。色彩は黄褐色・褐色・淡緑色がある。

 【生態写真】​

イナゴモドキ亜終齢幼虫

​イナゴが混生することもあるので若干紛らわしいが、頭部や胸部が角ばっているので区別できる。

イナゴモドキ♂

​バッタはオスの方が触角が長い傾向にあるが、イナゴモドキは特に長い。黄褐色や褐色が普通。