スズムシ

Meloimorpha japonica japonica

無料の音符アイコン素材 その3.png
美声
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 本州・四国・九州

【出現時期】

 8月上旬~10月下旬

【出会いやすさ】​​

スズムシ

日本の鳴く虫の代表格的存在で、最もよく知られている。しかし、高い知名度を誇りながら、実際に野生のスズムシを見かける機会は少ない。都市部の公園などにいることもあるが、それは誰かが放虫したものである可能性が極めて高い。基本的には自然度が高い環境に生息している。良く茂った藪の中で鳴いているので姿を見ることは難しいものの、夜には開けたところに出て来ることがあり、灯火にも飛来する。「リーン、リーン...」という鳴き声をイメージする人が多いが、これはメスに求愛するときの鳴き方で、スズムシを飼育しているとよく聴かれる。野生下では必ずしもメスが近くにいるわけではないため、誘い出すために違う鳴き方をする(音源参照)。音色はスズムシそのものだが、聴きなれない人は違う虫と思うかもしれない。華奢な体の割に気性が荒く、他のオスが鳴いていると、黙らせるために駆け寄って喧嘩をすることもある。交尾を終えたオスは弱り始め、最終的にはメスに食べられてしまう。

【成虫の姿】​​

スズムシ

オス

メス

【生態写真】​​

スズムシ

スズムシ♀

​多産地では夜に地表を歩き回る姿をよく見かける。触角が半分白いのはスズムシの特徴。