八重山諸島の森林の樹上に生息するマツムシの仲間。山地から海岸沿いまで広く分布する。夜行性だが、日中は葉の上で休んでいるので目に付きやすい。前翅にある黄色い線が特徴で、他のマツムシモドキのような赤味はなく、細身の体をしている。翅を擦り合わせて鳴くことはないが、腹部を震わせて振動音を出す。雌雄でほとんど違いがないので、産卵管の有無で性別を​確認すると良い。

ヤエヤママツムシモドキ

Mistshenkoana gracilis
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  7月中旬~10月下旬
 【成虫の姿】​

八重山諸島の森林の樹上に生息するマツムシの仲間。

山地から海岸沿いまで広く分布する。夜行性だが、日中は葉の上で休んでいるので

目に付きやすい。前翅にある黄色い線が特徴で、他のマツムシモドキのような

赤味はなく、細身の体をしている。翅を擦り合わせて鳴くことはないが、腹部を

震わせて振動音を出す。雌雄でほとんど違いがないので、産卵管の有無で性別を

​確認すると良い。

 【生態写真】​

ヤエヤママツムシモドキ終齢幼虫

幼虫の頃は体に独特の模様がある。体型的にカネタタキのようにも見える。

ヤエヤママツムシモドキ♀

葉の上で休む成虫。木が生い茂って日陰になっている場所で見られる。