西表島と石垣島のマングローブ林にのみ生息する。前脚の棘が良く発達しており、獲物を捕らえるときの網として、また水面に落ちた際に表面張力で浮かぶのに役立っている。完全な肉食性で、前述の前脚を巧みに使って狩りを行う。他の肉食性キリギリスのようなパワーや強靭な顎を持たないため、近くを通りかかった小型の昆虫をテクニカルに捕らえる。待ち伏せ型の捕獲スタイルといい、さながらカマキリのよう。日中は葉の裏に張り付いてじっとしていて、完全に暗くなった夜に活動を開始する。

西表島と石垣島のマングローブ林にのみ生息する。前脚の棘が良く発達しており、

獲物を捕らえるときの網として、また水面に落ちた際に表面張力で浮かぶのに

役立っている。完全な肉食性で、前述の前脚を巧みに使って狩りを行う。

他の肉食性キリギリスのようなパワーや強靭な顎を持たないため、近くを

通りかかった小型の昆虫をテクニカルに捕らえる。待ち伏せ型の捕獲スタイルと

いい、さながらカマキリのよう。日中は葉の裏に張り付いてじっとしていて、

完全に暗くなった夜に活動を開始する。

ヒルギササキリモドキ

Neophisis iriomotensis
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  多化性(時期によっては見られない)
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

ヒルギササキリモドキ終齢幼虫

オヒルギの葉の裏にへばりついている。前脚と中脚が他の直翅類と比べてかなり長い。

ヒルギササキリモドキの前脚

直翅としては異様に長い前脚と棘をもつ。近くを通りかかった昆虫を捕らえる他、海に落下してしまったときに表面張力で浮く機能もある。