Nippancistroger testaceus

ハネナシコロギス

【分布】

 北海道・本州・四国・九州・南西諸島

【出現時期】

 本土  :6月~9月

 南西諸島:1年中

【出会いやすさ】​​

ハネナシコロギス

北海道から南西諸島まで分布する小型のコロギスで、最も目にしやすい。オレンジ色の体に黒い帯が特徴だが、変異が大きく、地域によっては帯が消失し全身がオレンジ色の個体群がいる。成虫でも翅がない。後脚を腹部に擦り合わせる​ようにして音を出すことが知られている。夜行性で、夜に森を歩くと葉の上に乗っているところをよく見かける。日中は自分で作った葉の巣の中に隠れていて、驚かすと飛び出してくる。本土では幼虫で越冬し、夏に成虫となる。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ハネナシコロギス若齢幼虫

南西諸島では年中いるが、本土では​晩夏の頃から低木上を素早く歩き回る幼虫の姿が見られるようになる。

ハネナシコロギス♀

葉上にじっと佇むメス。こちらの気配を察知すると、異様に長い触角で探って来る。逃げ足は速い。

© 2019-2021 直翅類.jp