Oxya yezoensis

コバネイナゴ

【分布】

 北海道・本州・四国・九州

【出現時期】

 7月下旬~12月上旬

【出会いやすさ】​​

コバネイナゴ

イネを食害する害虫として知られるイナゴの仲間だが、食性は幅広い。​水田や長草地でよく見られる。寒さには比較的強く、12月頃まで残っている。一時は農薬の影響により激減したが、改良や減農薬のおかげで回復傾向にある。ハネナガイナゴとともにイナゴの佃煮の材料となる。

コバネイナゴの仲間にはオスの交尾器のわずかな形態の違いから別種とみなされるものがおり、分布が重なる地域では判別が難しい。サイゴクイナゴ、リクチュウイナゴ、ニンポーイナゴ、オガサワライナゴが知られている。奄美大島以南の南西諸島では、タイワンコバネイナゴが分布する。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

コバネイナゴ初齢幼虫

5月下旬頃から孵化し始める。複眼の下に筋のような模様があるが、ツチイナゴは全身に斑点が出るので見分けられる。

コバネイナゴ中齢幼虫

これといって目立った特徴もなく、全身が透明感のある緑色。

コバネイナゴの羽化

発生初期からピークにかけて、羽化が見られるかもしれない。その様子は神秘的で美しい。

コバネイナゴ♂

イナゴは比較的寒さに強く、初冬になっても見られる。晴れて暖かい日には草地を探してみよう。

近縁種

タイワンコバネイナゴ

Oxya podisma

タイワンコバネイナゴ

奄美大島以南の南西諸島で見られるイナゴの仲間。翅は短くフキバッタのようで、翅端が尖っている。また、後脚の脛節が青い。南西諸島に生息する他のイナゴ類はすべて翅が長いので、判別は難しくない。5月~12月にかけて見られ、1年間に複数回発生する多化性と思われる。

© 2019-2021 直翅類.jp