オオカヤコオロギ

Patiscus nagatomii
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  1年中
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

八重山諸島に生息するマツムシ科の一種。チガヤなどのイネ科草原で見られる。本土に生息するカヤコオロギよりは大きいが、細身でマツムシ科の中では小型。カヤコオロギの仲間はイネ科の葉を食すという、コオロギ類では珍しい食性の持ち主。バッタのように端から食べるのではなく、中から穴をあけるように齧るので、カヤコオロギがいる場所のイネ科草本には独特な食痕が見られる。

オオカヤコオロギ中齢幼虫

​葉が丸まったところに静止していた。居心地が良いのだろうか。

オオカヤコオロギ亜終齢幼虫

​夜行性のようで、暗くなると葉の上にも見られた。人の気配には敏感で、すぐに葉の裏などに隠れてしまう。

オオカヤコオロギ♀

​道路沿いに続くちょっとした草地でも見つかる。葉に空いた穴は食痕。