Phaneroptera falcata

ツユムシ

【分布】

 北海道・本州・四国・九州・南西諸島

【出現時期】

 本土  :6月中旬~7月下旬

​      9月上旬~11月中旬

 南西諸島:1年中

【出会いやすさ】​​

ツユムシ

河川敷のような開けた草地でごく普通に見られる。年に2回発生し、最初の成虫は梅雨入りの頃に現れる。7月の終わりくらいになると一度パッタリと見なくなるが、9月上旬には次の世代が成虫になる。心なしか2化目の方が個体数が多く、出現期間も長いように感じる。日中よりも夜の方が見つけやすい。「ピチッ...ピチッ...」と小さな音で鳴く。周波数が高いので、年を取ってくると聴き取りにくくなる。

本種は奄美大島が分布の南限とされる。周年発生とまではいかないかもしれないが、多化性と思われる。また奄美大島以南の南西諸島には、よく似たリュウキュウツユムシが生息している。分布が被る奄美大島で​見つけたときは注意が必要。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ツユムシ中齢幼虫

初夏や晩夏に開けた草原を探すと見つかる。緑色の体に細かい斑点があるのが特徴。

ツユムシ亜終齢幼虫

中齢以降の幼虫は大体同じような外見をしているので、翅芽の様子から成長段階を判断すると良い。

ツユムシ♂

​昼夜問わず見られるが、夜の方が探しやすい。音は小さいが、近くを通ったときには聴こえるだろう。

© 2019-2021 直翅類.jp