Phaneroptera trigonia

アカアシチビツユムシ

キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png

【分布】
 石垣島、西表島

【出現時期】
 5月~7月、10月~12月

【出会いやすさ】​​

アカアシチビツユムシ

八重山諸島に分布するツユムシの一種。石垣島と西表島で生息が確認されている。二次林の低木上や草上など、少し明るい林縁で見られる。その名の通り、前脚が赤みを帯び、小さいのが本種の特徴。見かける機会は少なく、やや珍しい印象がある。灯火にも飛来する。

アカアシチビツユムシ

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

アカアシチビツユムシ

アカアシチビツユムシ初齢幼虫

黄色っぽい体に黒の模様がある。明るい林縁の草上で見られた。他に似た特徴のあるツユムシの幼虫はいない。

アカアシチビツユムシ

アカアシチビツユムシ中齢幼虫(飼育下)

成長すると体色は緑色になり、前脚も徐々に赤みを帯びるようになる。