Shirakisotima japonica

ホソクビツユムシ

キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png

【分布】

 本州・四国・九州

【出現時期】

 8月中旬~10月上旬

【出会いやすさ】​​

ホソクビツユムシ

山地性でそこそこ標高のあるブナ帯に生息するツユムシの仲間。がっしりとした体格にオレンジ色の脚が特徴。日中から樹上で盛んに鳴く。音量もそれなりに大きいので、生息地に入れば​その存在を容易に知ることができる。短命のため見られる時期はあまり長くない。産卵形態が特殊で、広葉の葉肉に産卵管を差し込んで卵を産むと、卵の周り​を切り取って地面に落とす。

ホソクビツユムシ

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ホソクビツユムシ

ホソクビツユムシ♂

​成虫オス。樹上にいることが多いが、足元や目線の高さに降りて来ることもある。