樹上に生息するキリギリス科の仲間。春先に孵化した幼虫がタンポポの花に乗っている様子がよく見られる。ある程度大きくなると藪や樹上に生活の拠点を移す。また食生活も変化し、植物食だったのが徐々に肉食傾向が強くなっていく。性格は非常に獰猛で、セミなどの大きな昆虫を捕らえて食べてしまうほか、共食いも起こる。食性は広く、植物から昆虫の死体まで割と何でも食べる。日中に活動していることもあるが、基本的には夜行性で、夜間の方が活発になる。

実は複数種類いるとされているが、多くの場合、見た目での判別は不可能に近い。最近になって分子系統解析が進められているが、未だ結論は出ていない。​研究の進展が待たれる。

樹上に生息するキリギリス科の仲間。

春先に孵化した幼虫がタンポポの花に乗っている様子がよく見られる。

ある程度大きくなると藪や樹上に生活の拠点を移す。また食生活も変化し、

植物食だったのが徐々に肉食傾向が強くなっていく。性格は非常に獰猛で、

セミなどの大きな昆虫を捕らえて食べてしまうほか、共食いも起こる。

食性は広く、植物から昆虫の死体まで割と何でも食べる。

日中に活動していることもあるが、基本的には夜行性で、夜間の方が活発になる。

実は複数種類いるとされているが、多くの場合、見た目での判別は不可能に近い。
最近になって分子系統解析が進められているが、未だ結論は出ていない。

​研究の進展が待たれる。

ヤブキリ

Tettigonia orientalis
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  6月上旬~9月下旬
 【成虫の姿】​