Traulia ornata okinawaensis

オキナワモリバッタ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】
 与論島・沖縄諸島・(奄美大島?)

【出現時期】
 1年中

【出会いやすさ】​​

オキナワモリバッタ

沖縄諸島周辺に生息するモリバッタの仲間。沖縄県では沖縄島、伊是名島、伊平屋島、粟国島、渡嘉敷島、座間味島、久米島で確認されている。鹿児島県では奄美群島の与論島に分布しているが、奄美大島の一部でも短翅のモリバッタが見つかっており、移入個体群の可能性がある。アマミモリバッタとは亜種関係にある​。翅が短く、暗めの体色で後脚脛節は赤橙色である。長翅型は確認されていない。林内や林縁に生息し、落葉上や低木の葉上などで見つかる。周年発生で年間を通して成虫が見られる。

【成虫の姿】​​

オキナワモリバッタ

オス

オキナワモリバッタ

メス

【生態写真】​​

オキナワモリバッタ

オキナワモリバッタ中齢幼虫

若い幼虫は褐色部分の面積が大きい。夜間は葉の上で寝ている。

オキナワモリバッタ

オキナワモリバッタ亜終齢幼虫

落葉上にいると周囲と同化して見つけにくい。踏み鳴らすと驚いて跳ぶ。

オキナワモリバッタ

オキナワモリバッタ♂

成虫になっても翅が小さいので、終齢幼虫と間違われることも多い。