無料の音符アイコン素材 その3.png
美声

Vescelia pieli ryukyuensis

リュウキュウサワマツムシ

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】
 南西諸島

【出現時期】
 3月中旬~12月下旬

【出会いやすさ】​​

リュウキュウサワマツムシ

南西諸島の渓流沿いに生息するマツムシの一種。スズムシマツムシの中間のような見た目をしている。鳴き声が非常に美しいことで知られ、鳴く虫マニアの間では憧れの存在である。生息地では濁りのない澄んだ美声が響き渡る。ホソバリュウビンタイやクロヘゴなどのシダ植物の葉上や、裏側で鳴いていることが多い。1年のうち長い期間に渡って鳴き声を聴くことができるが、周年発生というより多化性で、ピークは毎年変わる。サワガニなどの捕食者から逃げるためなのか、歩く速度は比較的速い。また飛べはしないものの、羽ばたいて滞空時間を稼ぐことができる。日中はどこかに隠れていて全く姿を見せないので、見つけるには明かりのない暗い森に入り、渓流域まで進まなければならない。また、リュウキュウサワマツムシが生息している島には、もれなくハブの仲間が分布する。餌となるカエルがいる水辺周辺はハブの行動圏のため、足を踏み入れるのにはリスクが伴う。さらに、岩場はコケが生えていて滑りやすい。探しに行くときには、​安全に十分注意して欲しい。

【成虫の姿】​​

リュウキュウサワマツムシ

オス

リュウキュウサワマツムシ

メス

【生態写真】​​

リュウキュウサワマツムシ

リュウキュウサワマツムシ若齢幼虫(飼育下)

ゴマ粒ほどの大きさ。これを夜の沢沿いで見つけ出すのは至難だろう。すでに斑模様が出てきており、触角は黒い。

リュウキュウサワマツムシ

リュウキュウサワマツムシ中齢幼虫

鳴かない上に小さいので、いるはずなのになかなか見つからない。暮らしぶりが成虫とは少し違うのかもしれない。

リュウキュウサワマツムシ

リュウキュウサワマツムシ♂

方向転換しながら鳴くため、居場所がつかみづらい。また音が大きく良く響くため、近くにいると思いきや意外に離れていたりする。

リュウキュウサワマツムシ

リュウキュウサワマツムシ♀

鳴かないため、ある程度まとまった数が見られるところでないと発見は難しい。

リュウキュウサワマツムシ

リュウキュウサワマツムシの交尾

前翅を立てたオスの上にメスが乗り精球を受け渡すのは、マツムシ科の鳴く虫で共通して見られる。