Xenogryllus marmoratus

マツムシ

美声

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島・南西諸島

【出現時期】

 8月上旬~10月下旬

【出会いやすさ】​​

マツムシ

ススキやチガヤなどの草丈の高い乾燥草原に生息する。河川敷や海沿いに多いが、裏を返せばマツムシが生息できる環境がその辺りにしか残っていないということでもある。特に関東地方では少ない。スズムシのように灯火にやって来ることはほとんどなく、分布を拡大する能力に乏しいことから、開発などによる生息地消失の影響を特に受けやすい。童謡の「虫のこえ」にあるようにチンチロリンと聞きなすが、実際はテンポが早く鋭い音で鳴く。晩秋の気温が低くなってくる頃には​チンチロリンに近くなる。

南西諸島に分布するものはこれまで台湾亜種とされ、基亜種のマツムシとは区別しオキナワマツムシと呼んでいたが、近年の研究では、基亜種と台湾亜種は同一とみなされている(Jaiswara et al. 2019)。当サイトはこれに倣い、マツムシの分布域を南西諸島まで含めた。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

マツムシ♂

オギの中から出てきたオス。大人しいが、驚かすと電光石火のごとく連続ジャンプで茂みの中に消えていく。

マツムシ♀

​オスと違って鳴き声を頼りに探すことができないので、慣れないうちは見つけるのに苦戦する。

鳴いているマツムシ

前翅を立てて鳴くオス。膝よりも低い位置で鳴いていることが多い。スズムシのように後翅は落とさない。

© 2019-2021 直翅類.jp