ススキやチガヤなどの草丈の高い乾燥草原に生息する。河川敷や海沿いに多いが、裏を返せばマツムシが生息できる環境がその辺りにしか残っていないということでもある。特に関東地方では少ない。童謡の「虫のこえ」にあるようにチンチロリンと聞きなすが、実際はテンポが早く鋭い音で鳴く。晩秋の気温が低くなってくる頃には​チンチロリンに近くなる。

ススキやチガヤなどの草丈の高い乾燥草原に生息する。

河川敷や海沿いに多いが、裏を返せばマツムシが生息できる環境が

その辺りにしか残っていないということでもある。特に関東地方では少ない。

童謡の「虫のこえ」にあるようにチンチロリンと聞きなすが、

実際はテンポが早く鋭い音で鳴く。晩秋の気温が低くなってくる頃には

​チンチロリンに近くなる。

マツムシ

Xenogryllus marmoratus
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  8月上旬~10月下旬
美声
 【成虫の姿】​