開けた草地であれば大抵見つかる大型のバッタ。多くのバッタはメスがオスよりも一回り大きいが、ショウリョウバッタはさらに大きく、親と子ぐらいの差がある。オスは飛ぶときにキチキチと音を出す。オンブバッタと見間違えられることが多いが、大きさがまるで違うのと、​後脚が長く蟹股なことなどから容易に見分けられる。

ショウリョウバッタ

Acrida cinerea

開けた草地であれば大抵見つかる大型のバッタ。

多くのバッタはメスがオスよりも一回り大きいが、ショウリョウバッタは

さらに大きく、親と子ぐらいの差がある。オスは飛ぶときにキチキチと

音を出す。オンブバッタと見間違えられることが多いが、大きさがまるで

違うのと、​後脚が長く蟹股なことなどから容易に見分けられる。

 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  7月中旬~11月下旬
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

ショウリョウバッタ初齢幼虫

5月に入ると小さな幼虫がたくさん孵化してくる。初齢はすべて褐色。

ショウリョウバッタ中齢幼虫

通常は緑色か褐色だが、稀に赤色の個体が見つかることがある。

ショウリョウバッタ終齢幼虫

部分的に赤みが差す個体。この程度であれば、割と頻繁に見られる。

ショウリョウバッタ♂

7月頃からメスより一足早く成虫になる。飛ぶとキチキチと音を立てる。