Atractomorpha lata

オンブバッタ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】

 北海道・本州・四国・九州

 伊豆諸島・小笠原諸島・南西諸島

【出現時期】

 本土  :7月下旬~12月上旬

​ 南西諸島:1年中

【出会いやすさ】​​

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
オンブバッタ

草原や荒れ地、植え込みなど、あらゆる場所に生息する小型のバッタ。日本全土に分布している。大半のバッタ類が好むイネ科植物はあまり食べず、マメ科・キク科・シソ科などを食べる。交尾をしていない間もオスがメスの上に乗って占有しようとする習性がある。​ショウリョウバッタとよく間違われるが、体長・体格ともに大きく異なる。西日本では、南西諸島のみに生息するはずのアカハネオンブバッタが勢力を​拡大しており、その影響が注視されている。

【成虫の姿】​​

オンブバッタ

オス

オンブバッタ♀

メス

【生態写真】​​

オンブバッタ

オンブバッタ若齢幼虫

5月頃から小さな幼虫が見られるようになる。ショウリョウバッタとの区別は成虫と同じようにできる。

オンブバッタ

オンブバッタ♀

夏から成虫が出現する。かなり寒い時期まで見られ、2月に確認された例もある。