Conocephalus chinensis

ウスイロササキリ

【分布】

 北海道・本州・四国・九州

 伊豆諸島・南西諸島

【出現時期】

 本土  :6月上旬~11月中旬

 南西諸島:1年中

【出会いやすさ】​​

ウスイロササキリ

ホシササキリと並び最もよく見られるササキリの仲間。イネ科が優占する草地に生息するが、飛翔能力が高いので、コンビニの明かりに来ていたり、街路樹の下に生えた雑草でも見られる。ホシササキリと外見が少し似ているが、前翅に斑紋がなく、頭部の模様が薄くはっきりしないことから区別できる。また触角の赤みが強いのも特徴。1年間で2回発生し、それぞれ6月と9月から成虫が出現する。南西諸島では奄美大島から記録がある。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ウスイロササキリ♂

​イネ科草原でよく見られる。ホシササキリと混生することもあるが、より細身で色が淡く、触角が赤みを帯びる

© 2019-2021 直翅類.jp