イネ科植物が優占する乾燥した草原に生息するキリギリス科の仲間。ウスイロササキリと並び、ササキリの中では最もよく見られる。成虫が夏と秋の2回出現するが、東北などの寒冷地では秋だけになる​。​人の気配を察知すると葉や茎の裏側に隠れる習性がある。前翅の側面に並ぶ黒斑はホシササキリのみに見られる特徴。

イネ科植物が優占する乾燥した草原に生息するキリギリス科の仲間。

ウスイロササキリと並び、ササキリの中では最もよく見られる。

成虫が夏と秋の2回出現するが、東北などの寒冷地では秋だけになる​。

​人の気配を察知すると葉や茎の裏側に隠れる習性がある。

​前翅の側面に並ぶ黒斑はホシササキリのみに見られる特徴。

ホシササキリ

Conocephalus maculatus
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  6月上旬~11月中旬​
 【成虫の姿】​

ホシササキリ弱齢幼虫

​5月の上旬頃から孵化する。背中の茶色の帯に沿って白い線が頭の先まで続いているのが特徴。

ホシササキリ中齢幼虫

​ササキリ類には黄色の個体も見られるが、これは褐色型と同じ。色が薄いため黄色く見えている。

 【生態写真】​

ホシササキリ成虫

​羽化直後の新成虫。伸ばしたばかりの翅は白く透き通っている。