荒れ地など、草が疎らに生える環境でよく見られるヒバリモドキ科の仲間。6月中旬頃から成虫が出現し、同年の秋に次世代が羽化する。年明けにも鳴いていることがあり、北海道の火山地帯にある噴気孔原では、真冬でも普通に活動していることが知られている。カワラスズと似ているが、マダラスズの方が一回り小さく、寸詰まりな印象。

八重山諸島には近縁種のネッタイマダラスズが生息している。マダラスズとは分布が被らないため、判別に困ることはない。周年発生しており、1年を通して​見られる。

マダラスズ

Dianemobius fascipes nigrofasciatus
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  6月中旬~12月下旬
 【成虫の姿】​

荒れ地など、草が疎らに生える環境でよく見られるヒバリモドキ科の仲間。

6月中旬頃から成虫が出現し、同年の秋に次世代が羽化する。

年明けにも鳴いていることがあり、北海道の火山地帯にある噴気孔原では、

真冬でも普通に活動していることが知られている。

カワラスズと似ているが、マダラスズの方が一回り小さく、寸詰まりな印象。

八重山諸島には近縁種のネッタイマダラスズが生息している。マダラスズとは

分布が被らないため、判別に困ることはない。周年発生しており、1年を通して

​見られる。

 【近縁種】​

ネッタイマダラスズ♀

八重山諸島に分布するマダラスズの近縁種。マダラスズよりも小ぶりで、頭頂部が白味を帯びる。鳴き声はマダラスズとほぼ同じ。