多くの鳴く虫とは異なり、春に発生するキリギリスの仲間。公園などのちょっとした草地があれば生息できるため、見かける機会は多い。春先に配電盤が異常をきたしたかのような大きな音が聞こえたら、それはクビキリギスの可能性が高い。秋に羽化して成虫の状態で冬を越し、翌春に繁殖をするという変わったライフサイクルを送っている。秋にも鳴き声を聴くことがあるが、繁殖には至らないらしい。稀に遺伝的な色彩異常でピンク色の個体がいる。よく似たシブイロカヤキリと発生時期が同じだが、クビキリギスの方が​細身で後脚が長く、顔も黒くない。

南西諸島および小笠原諸島、本土のごく一部の地域には、オガサワラクビキリギスが生息している。

多くの鳴く虫とは異なり、春に発生するキリギリスの仲間。

公園などのちょっとした草地があれば生息できるため、見かける機会は多い。

春先に配電盤が異常をきたしたかのような大きな音が聞こえたら、

それはクビキリギスの可能性が高い。秋に羽化して成虫の状態で冬を越し、

翌春に繁殖をするという変わったライフサイクルを送っている。

秋にも鳴き声を聴くことがあるが、繁殖には至らないらしい。

稀に遺伝的な色彩異常でピンク色の個体がいる。

よく似たシブイロカヤキリと発生時期が同じだが、クビキリギスの方が

​細身で後脚が長く、顔も黒くない。

​南西諸島および小笠原諸島、本土のごく一部の地域には、オガサワラクビキリギスが生息している。

クビキリギス

Euconocephalus varius
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  本州  :3月下旬~7月下旬
​​  南西諸島:1年中
 【成虫の姿】​
 【近縁種】​

オガサワラクビキリギス♂

​クビキリギスとそっくりだが、より大型で、翅端が鋭く尖る。鳴き声も似ているが、こちらは脳に響くような図太い音に感じる。