Gonista bicolor

ショウリョウバッタモドキ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島・南西諸島

【出現時期】

 本土  :7月中旬~11月下旬

​ 南西諸島:1年中

【出会いやすさ】​​

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
ショウリョウバッタモドキ

ススキやチガヤなどが優占する開けた長草地に生息する中型のバッタ。分布が局所的で、自然度が比較的高い場所を好む。人の気配を感じるとすぐに葉の反対側に隠れる習性があるので、あまりじっくり姿を観察させてくれない。深追いすると飛んで別の葉の裏に逃げてしまう。​脅かさないようにそっと覗きこもう。名前にモドキと付くが、言うほどショウリョウバッタに似ていない。ショウリョウバッタは後脚が長くがに股だが、ショウリョウバッタモドキの後脚は短く、体側から離れない。「モドキはお行儀が良い」と覚えておくと、判別に迷ったときに役に立つだろう。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ショウリョウバッタモドキ

ショウリョウバッタモドキ初齢幼虫

5月に孵化する。バッタ類の若い幼虫は頭でっかちであることが多いが、ショウリョウバッタモドキはそうでもない。

ショウリョウバッタモドキ

ショウリョウバッタモドキ中齢幼虫

イネ科植物の葉上にいることが多い。後脚が体にピッタリくっ付いている

ショウリョウバッタモドキ

ショウリョウバッタモドキ終齢幼虫

稀に全身がピンク色の個体が見つかる。夜はバッタは寝ている時間なので、観察しやすい。

ショウリョウバッタモドキ

ショウリョウバッタモドキ♂

チガヤの葉に止まるオス。近づくと葉の裏側に隠れるか、飛んで逃げる​。