Ornebius fuscicerci

ヒルギカネタタキ

無料の音符アイコン素材 その3.png
美声
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 南西諸島

【出現時期】

 6月中旬~11月中旬

【出会いやすさ】​​

ヒルギカネタタキ

南西諸島のマングローブ林に生息するカネタタキの仲間。日本のカネタタキの中で最も美しいとされる。潮が満ちると下が海になるような特殊な環境にしかおらず、内陸側のリュウキュウカネタタキと棲み分けがされている。観察するには干潮のタイミングに合わせて行く必要があるので、無計画で会えるような種類ではない。また、マングローブ林は川から流されてきた泥が堆積しているため足を取られやすく、最悪の場合、嵌まってその場から動けなくなる。​鳴き声は、「チッ、チッ、チッ、チッ...」とカネタタキのテンポを上げてやや鋭くしたように聞こえる。成虫の寿命は1か月程度と短命で、夏の訪れが早い八重山地方で見られるのは、せいぜい8月いっぱいまでと思われる。沖縄本島や奄美地方、分布北限の種子島と北上するにつれて、成虫発生時期もずれる。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ヒルギカネタタキ

ヒルギカネタタキ♂

マングローブ林の林縁で見られる。カネタタキ類が好むような場所が限られているので、探すのは難しい。