Patanga japonica

ツチイナゴ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】

 本州・四国・九州・南西諸島

【出現時期】

 本土  :9月上旬~翌年7月下旬

​ 南西諸島:1年中

【出会いやすさ】​​

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
ツチイナゴ

クズが繁茂する環境に生息する大型のイナゴの仲間。バッタ類では唯一、成虫で越冬する。9月頃に成虫になると、そのまま冬を越して翌春に繁殖をする。大きさからしばしばトノサマバッタと間違われる。幼虫は緑色型と褐色型の​両方が存在するが、成虫はすべて褐色になる。

【成虫の姿】​​

ツチイナゴ

オス

ツチイナゴ

メス

【生態写真】​​

ツチイナゴ

ツチイナゴ終齢幼虫

幼虫時代は緑色の個体が多い。複眼の下の模様が他のイナゴ類と見分ける識別点になる。

ツチイナゴ

ツチイナゴ♂

無事に越冬を終え活動するオス。冬でもよく陽が当たって暖かい日には見つかることがある。

ツチイナゴ

ツチイナゴ♀

​春の草原で見かけたメス。腹の先端に卵鞘の一部が付着していたので、産卵を終えたばかりなのだろう。