Pyrgocorypha formosana

ズトガリクビキリ

【分布】

 南西諸島

【出現時期】

 不明

【出会いやすさ】​​

キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
ズトガリクビキリ

リュウキュウチクなどの竹類に依存するキリギリスの仲間。奄美大島以南の南西諸島で生息が確認されている。その名の通り頭の先端が鋭く尖っているのが特徴。クビキリギスと体形がよく似ているが、ズトガリクビキリは前脚が黄色いので識別は容易。夜になると高いところに登り、「ジッジッジッジッ...」と大きな音で鳴く。沖縄ではジンジンムシと呼ぶそうだ。発生時期は文献によりバラついており、「秋~春」としているものや、「春~夏」としているものがある。現に、本項の個体は3月に得たものだが、10月でも採集例があるようだ。年1化とするには発生時期が長すぎるので、年2化あるいは周年発生の可能性も否定できない。そこで、正確なところが分かるまで不明とした。

ズトガリクビキリ

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ズトガリクビキリ

ズトガリクビキリ♂

アダンの葉上に止まるオス。竹林周辺にしかいないが、鳴く場所は高いところなら問題ないらしい。